今、フレッツ光を選ぶと貰える豪華プレゼント!

最大69,000円キャッシュバックや、人気のノートパソコン、国内メーカー液晶テレビから選べるキャンペーン!

さらに、月額利用料金の割引や初期工事費用の割引も付いてダブルでおトクです。この機会をお見逃しなく。

> > >
キャンペーン詳細はページはこちら

お手軽スマホでVR体験

galaxyvr

VR(ヴァーチャルリアリティ)盛り上がっていますね!

2016年10月13日にプレイステーションVRが発売されてからというもの、ネット上はVRの話題で持ち切りです。プレイステーションVRを購入した方はうらやましい限りで、さぞかし楽しんでいることでしょうね。

まだ未体験の方のためにもその魅力について書いてみます。

現在のVRってどんなもの?

VRといっても、現在のVRはあくまでも没入感からくるリアリティ体験がメイン言えます。360度全方向カメラで撮影された映像をヘッドマウントディスプレイを通して見ることで、実際にその映像の世界に居るような現実感を体験できるというものです。ヘッドマウントディスプレイにはセンサーがついていて、首の動きにセンサーが反応することで映像が動きます。

どの方向を向いていようが、現実と同じように動画の再生時間は経過しています。同じ動画でもVRの場合は、見る度に違う映像を楽しむことができるわけです。

VRで重要な”センス オブ プレゼンス”

私自身、最近になってやっとVRを初体験をすることができました。通りかかった家電屋の店頭でPlayStation VR WORLDSというゲームの発売イベントがやっておりまして、横目で見ていたら非常にハイテンションな店員さんターゲットされ、そこで初めてのVR体験をさせていただきました。

PlayStation VR WORLDS

プレイステーションVRのヘッドマウントディスプレイを被せられると、そこには海の中の映像が。船から吊るされた檻みたいなものに自分が入っていまして、そこへホオジロ鮫が襲ってくるという恐怖シュチュエーションでした。VRを体験するならホラーとかパニック系が良いのでしょうか。よく分かりませんが、とにかくリアル体験でした。映像は正直そこまで綺麗でもないのですが、自分の向く方向に違う景色がある、没入感が凄いのです。

これこそ、VRで重要と言われるセンス オブ プレゼンス(没入感を超えた実在感)という言葉のとおりでした。

体験前、私のVRの勝手なイメージは、映像がリアルで現実感が凄いんだろうなという感じでしたが、実物は全くの別物でした。映像は確かにリアルなのですが、それよりも現実感が凄まじく、現実にその場にいるかのような錯覚がありました。

これでドラクエとか出たら引きこもりが増えるわ・・・

というのが率直な感想でした。私も引き籠るかもしれません。。。

さて、そのプレイステーションVRを買おうと思っても今はどこも品薄状態で正規の値段では買えません。定価が44,980円のところ、70,000円前後まで高騰し販売されています。※2016年10月28日現在 プレイステーション4の本体も購入しないといけないので合わせて10万円掛かるので、気軽に手が出る値段でないですね。

こんだけ話題になってめちゃくちゃ楽しいのに、10万円出さないと揃えることができないのとは悲しいです。

でも、安心してください!、みんな持っているスマホでVRできますよ。しかもお金はほとんど掛けずに。

今回はそんなスマホで楽しむVRについて紹介します。

スマホで楽しむVR

スマホでVRをするためのヘッドマウントディスプレイと、映像系のコンテンツは既に沢山用意されております。

それでは、スマホでVR体験をするために必要な物と手順について順を追って説明します。

①スマホ用VRゴーグルの用意

imgres

スマホでVRを体験するためには、この絵のようなスマホ専用のゴーグルが必要です。このゴーグルには2枚のレンズとセンサーが備わっていて、このレンズを通してスマホの動画を見ることで立体視を実現します。ゴーグルを付けた状態で顔を動かすと、内蔵のセンターによって 動画内の視点も動く仕組みです。

このゴーグル、物にもよりますが簡単な構造なこともあってか、2,000円~3,000円くらいで購入できかなり安価です。中には外観がダンボール製の簡易なものでは、1,000円以下で買うことできます。AmazonでVRと検索すると様々なメーカーの製品が出品されていますから、評価を参考にして選ぶと良いでしょう。少なくとも、光が漏れてきて動画に集中できないことや、顔にフィットしないとの口コミが多い商品は辞めておいた方がよいでしょう。光が漏れてしまったらそれが気になって、せっかくのVRがぶち壊しですからね。

アマゾンで安価で評価の良いゴーグル、値段はそれなりだけど性能についての評価が高いゴーグルをいくつか紹介します。

見た目 製品名 重量 価格
VOX BE 3DVR ゴーグル 3Dメガネ HMD イヤホン実装 音量調整・動画の再生/一時停止可能 748g 3,500円
Tepoinn (テポインー) 3D VRメガネ 超3D映像効果 ブラック 594g 1,699円
HooToo VRメガネ 3D スマホ ゲーム 映画 ビデオ ゴーグル 超3D映像効果 仮想現実 頭部装着 4.6-6インチのAndroidやIOSスマホ適用 HT-VR002 572g 2,999円
Samsung サムスン純正 Galaxy Gear VR (2016) 最新版 SM-R323 S7, S7 edge, Note5, S6, S6 edge対応 [並行輸入品] 531g 6,490円

※特定のスマホ専用や対応をしていない場合もありますので購入前によく確認してください。

②スマホVR対応のコンテンツ

ゴーグルを準備したら、次はVR動画を探します。

VR動画には、youtubeなどの動画サイトで無料で見られるものが多数ありますのでいくつか紹介します。有料コンテンツについては、VR市場自体がまだ小さく、動画の製作コストも高いため、収益を上げられる見込みはまだないとの意見が多いことからほとんどない状況です。調べてみても有料コンテンツの配信自体が少ないです。また様々な業界でVRを活かした取り組みが活発になってきていますので合わせて紹介します。

無料コンテンツ

①Youtube
YoutubeにもVRのカテゴリーがありこのような360度の動画が投稿されています。そのまま見ても丸く歪んでみえますが、専用ゴーグルを通してみることで歪みはなくなります。全天球と呼ばれる撮影方法で取られたこのような映像がYoutubeにたくさんアップされています。

YOUTUBEのVRカテゴリー

②360Channel
imgres

360Channel(サンロクマルチャンネル)は、360度動画専門の配信を行っています。全てオリジナルの動画で無料で視聴可能です。2016年8月からはスマホアプリの提供もしています。アプリ版では人気動画や新着の動画の一覧表示、再生回数順にソートして表示ができます。主に1本につき5分~10分の動画があります。スマホゲームアプリ「白猫プロジェクト」などで有名なコロプラが100%出資する子会社が運営しています。

③Littlstar Japan
littlestarjapan

Littlstar Japanは、360度動画に特化した配信プラットフォーム「Littlstar」を提供するLittle Star Mediaとソニー・ミュージックエンタテイメントが業務提携し、2016年9月28日から配信を開始したまだ新しいVR専用動画の配信サービスです。スマホ用アプリ「Littlstar Japan」も同時に配信を開始しています。ソニー・ミュージックレーベルズを始めとした音楽レーベル所属のアーティストのPVやVR映像のを中心にコンテンツの拡大をしていく見通しとのことです。

④ハコスコ

hakosuko

ハコスコという360度動画専門の配信サイトがあります。動画は全て無料で視聴できるほか、安価なオリジナルのヘッドマウンドディスプレイを4種類併売しています。スマホ専用のアプリも用意されており、スマホVRに特化されているサービスです。 4種類のディスプレイのうち、ダンボール製のディスプレイはAmazonにて1000円程度で購入可能ですので手軽にVR体験ができます。
※対応していないスマートフォンの機種もありますので、購入前には良く確認をしてください。

また、これを読む方にはあまり関係ない話ですが、ハコスコはプレミアムアカウント登録という形で、商号利用も可能です。企業向けですが有料で動画のアップロードやvr動画の作成を代行してくれるサービスも行っています。

有料コンテンツについて

いまの段階では、VRはマーケットが小さいためまずは広めようという動きが先行しているため有料コンテンツはスマホのVRゲームアプリがいくつかリリースされている他、アダルト系以外に目立ったサービスはほとんどないようです。

DMMロゴ

調べていて気になったのは、DMM.comが今年からコンシューマー向けの有料動画の配信サービスを始めるということ。そこでの収益については今は考えていないということで、早い段階で参入することによって、将来の有料VR配信が盛んになったと時のためのポジショニングを取りたいとのこと。

よって有料コンテンツの発展はこれからということになります。

googleもスマホVRに参入!

Daydream-View-image-1

近々、googleが安価なVRゴーグルDaydream Viewを販売します。こちらは高品質なvrを楽しめることを謳っていてAndroidスマホ専用です。リモコン型のコントローラーが付いていて、内蔵されたセンサーにより首の傾きや方向を認識して見ている映像とリンクします。Youtube、googleマップのストリートビューにも対応予定です。デザインが可愛いですよね。

羊の背中にのって歩いたり。 snap18853

googleストリートビューで世界を回ったり。 streetview1

Youtubeで博物館。 youtube

冒頭で書いたplaystationVRもそうですが、このgoogleのDaydream ViewもVRが普及する起爆剤になるのではないでしょうか?とにかく面白そうです。

スマホVR映像は自分で作成できる

Insta360 Nano iPhone用360度カメラ「Insta360 Nano」というアクセサリーが販売されています。Insta360 Nanoを使用するとこのような全天球映像を自分で取ることができます。iPhoneに接続するだけですぐに撮影を始められます。お値段は25,000円前後と少しお高いように感じますが、通常の全天球対応のカメラは何十万円もするものなので、手軽にvr映像を作成できるようになるのです。Insta360 Nano本体にmicroSDカードが挿入でき、撮影した映像を保存できるのもgood!iPhoneのデータ容量を気にしなくて済みます。

使いどころとしては、結婚式などの特別なイベント時の撮影に良さそうです。取った動画はそのままFacebookやTwitterにシェア可能。見たい人は驚くでしょう!注目されること間違いなしです。

映像の専用編集ソフトも無料で提供されてているところも良いと思います。

スマホでVRまとめ

これから急速にビジネス化しポピュラーなコンテンツとして普及していくであろうVRコンテンツ。今回、手軽に始められるVR体験としてスマホを使った方法を紹介しました。プレイステーションVRの様に何万円も掛けるのは躊躇するけど~、でも気になってしょうがないんだという方が多いことでしょう。

プレイステーションVRやパソコン用VRのゲームをやろうともなれば、何万円もするヘッドマウントディスプレイを買い、対応するパソコンや機器を買い、もちろんソフトも有料ですし、お金に結構な余裕がないと厳しいです。

スマホでVRの良いところは、お金をほとんど掛けずにできることで、スマホVR用のゴーグルを用意するだけで大丈夫です。

①スマホでVR動画を見るためのヘッドマウントディスプレイを用意する(アマゾンで安く購入可能)
②VR対応コンテンツ(360度動画や、左右2分割動画)を探す

たったこれだけでVR体験ができますので興味が少しでもあるのであれば、是非試してみてください。

キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • シェアありがとうございます

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    著者プロフィール

    著者画像

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る