0120-925-386
株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

フレッツ光の電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-925-386

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(年中無休)

指定の時間に折返し 折返し予約

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み
フレッツ光をご利用中の方はコチラ

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

  • 電話アイコン
  • お問合せ
> > >
キャンペーン詳細はページはこちら

電力自由化の本当の価値はインターネットとのセット割にある!

c0d33cb2a0d868a8d809538fba0a9049_s

2016年4月より電力自由化となりました

以降、電力の小売りが全面的に自由化されています。

電力自由化とは?

電力自由化

電力自由化は、異業種の企業でも電力の小売りを行うことができること状態のことを言います。今までは東京電力や、北陸電力などの地域で決められた電力会社の自然独占だった電力供給事業に、異業種の企業などが参入出来るようになりました。

電力自由化は電気料金の引き下げ等により市場競争を起こすことを目的として進められています。電力事業参入者は、電気のプランや料金を自由に設定できるため各社から様々なプランが提供されます。

夜間のみ電気料金が安くなるというような契約者それぞのライフスタイルに合わせたプランはもちろんのこと、参入事業者が元から展開している事業と組み合わせた割引プランなどがあります。電力の比較サイトもたくさんあって、調べてみると案外面白いですよ。自宅で契約するのに一番お得なプランを見つけることを目標に調べていくと、いつの間にか家で使う電化製品の消費電力量まで調べていたりして・・・・

そんな電力自由化によって一見関係のなさそうなインターネットやスマホの通信業界にも動きがありました。電力自由化ってなに?と初めて聞く方もいらっしゃると思いますので、合わせて解説します。

通信業界と電力自由化

電力自由化により異業種企業が電力の小売りに参入することで起こる競争による電気料金の値下げや、利用者により良いサービスの展開が期待されます。

私たちにとって何が変化するかというと、

今までは・・・ 地域によって決められた電力会社のみしか選択できない

電力自由化後は・・・ 電力会社の選択が自由に、参入企業同士の競争が生まれることにより価格の下落やサービスの向上が見込める

要するに電力自由化によって、ユーザーは電力会社を選べるようになり、契約を切り替えれば電気料金も下がるかもしれないということです

通信事業社も例外ではなく、電力の小売りに参入する動きが活発に見られます。固定インターネット回線とのセット割引、スマホなどのモバイル契約とのセット割引で訴求して売り込むチャンスと見ているためか続々と参入しているのです!

電気もインターネットも一般家庭で必須で契約するもの。この2つを組み合わせれば凄い反響あって顧客を増やせるんじゃないか?っていうのが電力事業に参入する企業の考えでしょう。

来年にはガス自由化も控えています。インフラ業界は自由化の波に乗り、一企業による電気、ガス、インターネットの包括契約を進めていくのでしょう。

電気とインターネット回線のセット割をおこなっているサービスをいくつか紹介します。

ソフトバンク光とソフトバンクでんき

softbank

ソフトバンクは電力自由化が始まってすぐに、同社の光コラボ「ソフトバンク光」との組み合わせプランの提供を始めています。おうち割でんきセットという割引をしています。

固定回線の光コラボソフトバンク光 あるいはソフトバンク指定のスマホ、携帯電話、タブレットと、ソフトバンク電気に加入していると最大で毎月300円の割引を2年間受けられるというものです。

ソフトトバンク電気のプラン 割引額(2年間)
スタンダードSプラン 200円/月
バリュープラン 200円/月
プレミアムプラン 300円/月

3つの料金プランの詳細は以下のとおりです。

スタンダードSプラン(単身者~2人の世帯向け)

standard_plan

基本料金と電力量料金は以下のとおりです。

単位 料金
基本料金 1契約 10A/280円80銭 15A/421円20銭
20A/561円60銭 30A/842円40銭
40A/1,123円20銭 50A/1,404円00銭
60A/1,684円80銭

単位 料金
電力量料金 300kWhまで 1kWh 23円40銭
300kWh超過後 30円02銭

バリュープラン(3~4人の世帯向け)

value_plan

基本料金 契約電力1kWにつき 432円00銭
電力量料金 定額料金 300kWhまで 7,020円00銭
従量料金 300kWh超過400kWhまで1kWhにつき 25円89銭
400kWhを超える1kWhにつき 30円02銭

バリュープランは、毎月300kWhまでは電力量料金が7,020円で、300kWhを超えた分は従量料金となります。300kWhまでの料金はスタンダードプランと同額ですが、300kWhを~400kwhの範囲の中ではこのバリュープランのほうが1kWhあたりおよそ4円安くなる特徴があります。

このバリュープランを契約するかは、毎月の消費電力量が400kWh内に収まるか?が判断基準になります。消費電力量は季節によって冷暖房の使用により大きく変わります。 夏は8月がピーク、冬1月をピークに消費電力量は大きくる統計があることから、過去1年分くらいの電気料金の明細と照らし合わせて得になるか見極めた方が良いでしょう。 世帯別エアコン代

その月の電力使用量が300kWhを下回った場合、未使用分に対してTポイントの付与や、スマホのデータ通信量に還元することができます。

・Tポイントなら電力未使用分5kWhごとに、50ポイント付与。月最大で1,000ポイントまで交換可能。
・スマホのデータ通信なら電力未使用分5kWhごとに、0.15GB還元。

プレミアムプラン(5人以上の世帯向け)

プレミアムプランは、電力消費量の多い世帯向けのプランです。月々400kWhまでは固定料金で9,700円、400kWhを超えた場合は1kWhにつき約29円の従量料金制です。400kWhを超えたときの従量料金が他のプランに比べ安くなりますので、普段からエアコン、ドライヤーやレンジなどの消費電力の高い家電製品を多用する世帯向けのプランになります。

premium_plan

基本料金 契約電力1kWにつき 468円00銭
電力量料金 定額料金 400kWhまで 9,700円00銭
従量料金 400kWh超過する場合1kWhにつき 29円04銭

東京ガスのトリプル割

triple_pc

東京ガスは、電力とガスのセット割を行っていますが、さらにインターネットを加えた3点の契約で東京ガストリプル割を打ち出しています。東京ガスが提携するインターネットプロバイダの光コラボレーションに契約すると、最大で毎月300円の割引が受けられるというもの。

提携するプロバイダは、OCN、BIGLOBE、ぷらら、nifty、exite、DTI、So-net、AsahiNetの8社です。

toykogas_provider

セット割対象になるプロバイダ(光コラボ)の選択肢が広くて良いですね。

そんな東京ガスが提供している電気料金プランがこちら。

ずっとも電気1

ずっとも電気1プランは、30~60アンペアの契約電流の方が対象となります。東京電力でいうところの従量電灯Bに相当します。一般家庭では、ほとんどこのプランに入ります。

特徴は、東京電力の従量電灯Bと比較して月の消費電力量が140kWhを超えた際に、そのあとの料金は1kWhあたりで東京電力よりも3~5円程度安くなる点です。逆に、消費電力量が140kWh未満の場合は東京電力よりも3円程高くなります。

一世帯あたりの月々の消費電力量はだいたい300kWh※なので、季節や世帯構成にもよりますがほとんどの家庭で月々140kWhは超えるはずです。そのためずっとも電気1プランは、従来の東京電力のプランよりも安くなる計算です。 ※

単位 料金(税込)
ずっとも
電気1
基本料金(1ヶ月あたり) 契約電流 30A 1契約 842円40銭
40A 1,123円20銭
50A 1,404円00銭
60A 1,684円80銭
電力量料金 第1段階料金 140kWhまで 1kWh 23円24銭
第2段階料金 140kWhを超え350kWhまで 23円45銭
第3段階料金 350kWhを超えたもの 25円93銭
最低月額料金 1契約 540円00銭

ずっとも電気2

ずっとも電気2プランは、契約容量が6kVA以上の方用のプランで東京電力の従量電灯Cプランに相当します。電気製品が多い家庭や、業務用機器を使用する店舗や事務所向けのプランと言えます。360kWhまでは、ずっともプラン1よりも1kWhあたりの電力量料金が少しだけ安いです。 また、24時間料金が単一のため時間を気にせずに電気を使えるメリットがあります。

単位 料金(税込)
ずっとも
電気2
基本料金(1ヶ月あたり) 1kVA 280円80銭
電力量料金 第1段階料金 360kWhまで 1kWh 23円21銭
第2段階料金 360kWhを超えたもの 25円99銭

ずっとも電気3

ずっとも電気3プランは、東京電力の低圧電力プランに相当します。大型冷蔵庫やクーラーを常時使うような店舗や工場向けのプランです。 特徴として、電気量料金のは夏季とそれ以外の季節で区分して計算されます。1kWhあたりの電力料金は、他のプラン(ずっとも電気1やずっとも電気2)と比べるとかなりお安くなります。

ずっとも
電気3
単位 料金(税込)
基本料金(1ヶ月あたり) 1kW 1,018.44
電力量料金 第1段階料金 [契約電力×130] kWhまで 1kWh 夏季 16円91銭 その他季節 15円37銭
第2段階料金 [契約電力×130] kWhを超えたもの 18円37銭 18円26銭

電力自由化もいまのところ電気料金はさほど変わらない

ソフトバンクと東京ガス以外の企業についても電気料金を調べましたが、東京電力とさほど変わらないというのが正直な感想です。一般家庭では電気料金だけを下げたいないら個々の節電努力によるところが実は一番効果がありそうです。

いつもは付けっぱなしのテレビの主電源を切るとか、夏はエアコンの温度を普段より高くするなどで結構変わるはずです。

電力自由化で得をするにはセット割だけを考える

ということで、電力自由化の恩恵を受けるためには各社が実施している他サービスとのセット割を見て、一番得になるのはどこなのかじっくりと比較する他なさそうです。

ちなみに私は、ソフトバンクのスマホユーザーなので今のところはソフトバンクでんきの一択となります。

冒頭でも書きましたが、電力自由化の比較サイトが沢山ありますので興味のある方は、是非調べてみてください!

キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • シェアありがとうございます

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    著者プロフィール

    著者画像

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る