株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

フレッツ光の電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-914-167

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(日曜日除く)

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

  • 電話アイコン
> > >

一人暮らしならWiFiと光回線どっちがお得?料金や速度など色々と比較してみた

キャンペーン詳細はページはこちら

家族で使うなら光回線を引いて皆で利用するほうがお得なのですが、一人暮らしの場合はどうすれば良いのでしょう?

一人で使うだけならそれほど速い回線でなくても充分なの?引っ越しするときは回線ってどうするの?などなど様々な疑問をお持ちだと思います。

この記事では、Wi-Fiや光回線の月額料金や通信速度、引っ越しする場合の手数料など様々な状況を考えて一人暮らしの方に最もおすすめのインターネット回線をご紹介していきます。

まずはどれくらいの速度が必要なのか考えよう!

まず考えたいのは皆さんが一日どれくらいのデータ通信を行うのかということ! 自分の体のサイズにあった服を買うのと同じで、インターネット回線も自分の利用頻度や目的に合わせた契約をしないと後悔することになってしまいます。

もちろん、お金に余裕がある方はNURO光のような回線速度が速いものを契約しておけば良いかもしれませんが、家賃や食費や交際費など一人暮らしには色々とお金がかかりますので、少しでも節約したいと思う方が大半ではないでしょうか。

以下の表は、利用目的別に推奨回線速度をまとめたものになります。

利用目的 推奨回線速度 1時間のデータ通信量
Skype 500Kbps 200MB
YouTube 2Mbps 700MB
4K画質動画再生 25Mbps 7GB
PS4 10Mbps 200MB
ブログ運営 1Mbps 200MB

一人で利用する上では超高画質動画再生のことを考えても25Mbpsも出れば充分ということがわかります。 オンラインゲームを楽しみたいという方にとっては、回線の速度は10Mbpsもあれば充分なのですが、ping値という応答速度が重要になってきますので、回線の速度はそこまで重要でないと言われています。最低限の10Mbps程度の速度があれば問題なく動くそうです。

これくらいの回線速度であれば、ポケットWi-Fiでも充分かもしれません。 以下の表は、主要なインターネット回線の通信速度を一覧にしたものです。

サービス名 種別 速度
SoftbankAir Wi-fi 261Mbps
WiMax 708Mbps
au 4G LTE モバイル 788Mbps
ソフトバンク4G 612Mbps
ドコモ PREMIUM 4G 788Mbps
フレッツ光 光回線 1Gbps
auひかり 1Gbps
NURO光 2Gbps

充分すぎる速度ですね。ただしLTE回線を使ったWi-Fiには注意が必要です。LTE回線は携帯電話でも使用されている回線になりますので、速度に制限がかけられてしまう可能性が高いです。 そのため、Wi-Fiを契約する場合は通信速度制限がかからないWiMaxでの契約をおすすめします。

一人暮らしにおすすめの回線!料金を比較

つづいては、一人暮らしの方向けに割引金額などを含めて一番安い回線を探してみましょう!インターネットの回線とともに割引が受けられるのは、携帯電話料金が多いです。

それぞれ携帯の契約内容やキャリアによって受けられる割引の金額が異なってきますので、以下でチェックしていきましょう!

  回線名 月額料金 割引金額 割引後月額
ソフトバンク ソフトバンク光 ¥3,800 ¥1,522 ¥2,278
NURO光 ¥2,500 ¥1,522 ¥978
ドコモ ドコモ光 ¥4,000 ¥800 ¥3,200
au ソネット光 ¥3,400 ¥1,410 ¥1,990
auひかり ¥3,800 ¥1,410 ¥2,390
ワイモバイル ソフトバンク光 ¥3,800 ¥1,522 ¥2,278
DMM DMM光 ¥3,780 ¥500 ¥3,280
BIGLOBE
楽天モバイル
UQ mobile
NifMo @nifty光 ¥3,400 ¥200 ¥3,200
OCNモバイル OCN光 ¥3,600 ¥200 ¥3,400

ちなみに、携帯電話のデータ定額は全て5Gということで計算しています。

この中でもお得に契約ができるのは、ソフトバンクの携帯をお持ちの方ならNURO光、auの携帯をお持ちの方ならソネット光コラボでしょうか。

格安SIMのビッグローブや楽天モバイル、UQモバイルを契約している方は割引が適用されないので、月額料金が安いNURO光かソネット光が安いですね。

続いてチェックしていきたいのは、ポケットWi-Fiの料金です。一覧表にしてみたので、早速チェックしていきましょう!

サービス名 速度制限 月額料金
Yahoo! Wi-Fi 10G ¥1,980
NEXT mobile 20G ¥2,760
GMOとくとくBB ¥3,344
GMOとくとくBB ¥4,263
UQ WiMax ¥4,380
SAKURAWi-Fi 異常な通信料とみなされた場合 ¥4,500
カシモWifi ¥3,213
Broad WiMax ¥3,411

速度制限のあるタイプのWi-FiであればLTE回線を使用するYahoo! Wi-Fiが最安値です。一方で、速度制限がかからないWiMaxの契約はカシモWi-Fiが最安値です。 また、カシモWi-Fiは古い機種を使うことになりますので、状況によって速度が出にくくなる可能性があります。しっかり速度が出る最新機種が使えて安いのはGMOとくとくBBのWiMaxです。

比較の結果、一人暮らしの方におすすめしたい回線は以下の6つに絞ることができました!

以下ではこれら6つの回線をピックアップして解約手数料について解説していきたいと思います。

一人暮らしの方におすすめしたい回線の契約期間を比較してみた!

インターネット回線には携帯電話同様に契約期間に縛りがあります。 特に光回線の場合は工事費も発生しますので、解約手数料無しで解約するためには、タイミングがシビアだったりします。 以下ではそれぞれの解約手数料を以下の表で比較してみましょう!

  解約手数料 契約期間 工事費/端末代 工事費分割回数
ソフトバンク光 ¥9,500 2年 ¥24,000 60
ドコモ光 ¥13,000 2年 ¥15,000 60
ソネット光 ¥7,500 2年 ¥15,000 30
NURO光 ¥9,500 2年 ¥40,000 30
Yahoo! Wi-Fi ¥9,500 3年
GMOとくとくBB WiMax ¥9,500 2年
カシモWi-Fi ¥9,500 2年

光回線ではどこの回線も工事費は30ヶ月~60ヶ月の継続契約によって実質無料になるのですが、30ヶ月以内(60ヶ月以内)に解約してしまうと、残債を一括で請求されることになります。

つまり、解約手数料も工事費も払わずに解約できるのは、NURO光とソネット光は4年目、ソフトバンク光とドコモ光は6年目ということになります。 そう考えるとポケットWi-Fiのほうがお手軽な感じはしますね。特に引っ越しを頻繁にする人は、ポケットWi-Fiを使っているほうが身軽であることは間違いないです。

利用シーンを想像した時に利便性が高いのはポケットWi-Fi

よほど大容量の通信を頻繁にする人は例外ですが、一般的にインターネットを利用するシーンを考えた時に利便性が高いのはポケットWi-Fiだと思います。

家の中でも使えることはもちろん、ノートPCをお持ちの方はわざわざWi-Fiのあるカフェを選ばなくても良くなるのは楽です。 筆者の自宅付近にはWi-Fiが利用できるカフェがないので、ポケットWi-Fiを持っていなかった時は自宅から2km離れたカフェまで行ったりしていましたが、あの頃は本当に面倒でした。

自宅では集中できない作業もカフェに場所を移すことで集中できたりしますから、ポケットWi-Fiを持っているだけで選択肢が広がるというのは大きなメリットだと思います。

特にGMOとくとくBBのWiMaxなら速度制限もかかりませんし、実測値でも10Mbps程度は出るので高画質の動画を見るのに不便することはないはずです。

一人暮らしの方におすすめの回線ランキング

さて、上記で解説しきれなかったメリット、デメリットも踏まえて一人暮らしの方におすすめのインターネット回線をランキング形式でご紹介していきたいと思いますので、是非参考にしてみてくださいね!

1位

GMOとくとくBB WiMax

Point
一人暮らしの方におすすめしたいのはGMOとくとくBBのWiMaxです。最新の機種が使用できて、最大4万円ものキャッシュバックも受け取れるため、かなりお得です。 データ定額制のように速度制限がかかることもないですし、LTEのように夜間回線のスピードが低下することもないので、思う存分使えるのもおすすめポイントです。
お申込みはこちら
2位

世界最速 NURO光

Point
光回線でおすすめなのはNURO光です。ただしマンションに住んでいる方は自分の都合に関わらず利用が停止されることもあるので、注意が必要です。 それを除けばソフトバンクユーザーなら割引を受けることができますし、回線速度も安定していて月額料金も安いのでおすすめの回線です。
お申込みはこちら
3位

最安値のWiMax カシモWiMax

Point
とにかく安くWi-Fiを思う存分利用したいという方はカシモWiMaxがおすすめです。ただしGMOとくとくBBに比べて機種は在庫状況によって決まってしまうので、古い機種にあたってしまうと思ったスピードは出ないです。 速さも重視したい人はやはりGMOがおすすめです。
公式ページへ
4位

NURO光のエリア外ならソネット光

Point
NURO光の対象エリア外の方はソネット光が安くておすすめです。特にauの携帯を使っている方はauスマートバリューによる割引が受けれますので、さらにお得に契約することができます。
お申込みはこちら
5位

最安値のWi-Fiなら ヤフーWi-Fi

Point
ドコモ光を申し込むなら、現金とdポイントの2つのキャッシュバックを受け取れるGMOがおすすめです。wifiも無料でレンタルすることもできますので、ノートPCをお持ちの方は特にお得かもしれませんね!
公式ページはこちら

キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • 著者プロフィール

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る