株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT東日本・西日本お申込みサイト

通話無料!お電話でもお申込・お問合せできます!

つながりにくい
場合はコチラ

折り返し予約

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

2019.7.1

【検証】DNSを変更すればインターネットの速度は変わる?

キャンペーン詳細はページはこちら

インターネットに接続するために必要不可欠なものになったDNSですが、実はDNSを変更すれば通信速度が改善する可能性があります。今回は、DNSを変更すればどれだけ通信速度が改善するのかということについて検証してみました。

そもそもDNSって?

ネットワークエンジニアでもない限り、「DNSって何?」という疑問を持っている方のほうが多いかもしれません。DNSとは、ドメインネームシステムの略称で、あるドメイン(当サイトでいうところのinternet-flets-campaign.net)が、どのIPアドレス(インターネット上の住所)に紐付いているのかということを登録している場所のことです。

例えば、皆さんが旅先で道を尋ねる時のことをイメージしてみてください。「東京都新宿区歌舞伎町1丁目◯番地◯番に行きたいのですが、道を教えてください」といっても、伝わりにくいですよね? 「歌舞伎町の交番に行きたいのですが、どこですか? 」と訪ねたほうが地元の人たちはスンナリ答えられると思います。

IPアドレスとは、インターネット上の住所のことで、「192.XX.X.X」といった数字の羅列になっています。この数字の羅列を「確か、あのサイトのIPアドレスは◯番だった!」といってアクセスすることは、まずないと思います。

そこで考案されたのが、ドメインというわけです。ドメインは、internet-flets-campaign.netという文字列であるため、ユーザーにとって覚えやすいものです。しかしインターネット上から特定のファイルを見つけ出すためにはやはりIPアドレスが必要になりますから、「このドメインはこのIPアドレス」というヒモ付がどこかで必要になるわけです。それがDNSです。

DNSを変えれば速度が速くなる?

では、そのDNSを変更すれば通信速度がなぜ速くなるのでしょうか。——それは、DNSもコンピューターであるため、レスポンスの速度が異なるからです。皆さんがWEBサイトにアクセスする時には、まずDNSに「このドメインのIPアドレスはどこですか?」と問い合わせて、DNSにアドレスを教えてもらうわけですから、DNSのレスポンスが遅ければ当然通信速度は遅くなってしまいます。逆に超高速で教えてもらうことができれば通信速度は速くなるのです。

インターネットに接続するためには、一瞬の間に様々なことが行われています。例えば一例ではありますが、

  1. DNSにIPアドレスを問い合わせる
  2. サーバーと通信を行う
  3. サーバーからファイルが渡される
  4. 渡されたファイルをもとにページを構築する

というステップがあり、それぞれの処理にかかる時間が合算されて、皆さんは「遅い」「速い」と判断するのです。となれば、一つの要素要素の処理速度が速いに越したことはありません。

なので、DNSを切り替えることで、通信速度の改善が見込めるというわけです。

どのDNSが速いか検証してみた

さて、以下では当サイトにアクセスした時を想定して、DNSごとの速さを検証してみました。検証の方法は以下の通り。

  1. DNSを指定する
  2. 同じページにアクセスする
  3. リクエストを送信するまでの時間を計測する

総合的な速度は、サーバーの応答速度やクライアント側(筆者のPC)のスペックなどによって変わってきます。ですので、今回はサーバーにリクエストを送るまでの時間で考慮していきたいと思います。ツールは、Google Chromeのデベロッパーツールを使用します。Chromeのデベロッパーツールを使用することで、DNS Lookupの時間を計測することが可能になります。

デフォルトの場合

筆者はポケットWi-Fiを使っているため、デフォルトの接続先はKDDIになります。検証の結果は以下の通り。 プロバイダのDNS DNS Lookupの時間は204.95msです。msとはミリセカンドのことで、1000分の1秒のことですから、0.2秒程度DNS Lookupに時間を要していることになります。

Cloudflareの場合

新興DNSのCloudflareは通信速度が速いことで有名なDNSです。検証結果は以下の通り。 cloudflare

DNS Lookupは78.37msと、デフォルトのDNSよりも応答がかなり速いことがわかります。0.1秒のかかっていない計算になりますね!

Googleの場合

検索のエバンジェリスト、GoogleもDNSを提供しています。Googleはスピードとセキュリティが売りのDNSです。計測結果は以下の通り。 googleのDNS

Cloudflareに比べてやや遅いですが、それも0.005秒程度の差です。GoogleのDNSのデフォルトのDNSに比べてかなり速いということがわかりました!

より快適なインターネットライフを楽しむために

もちろん、プロバイダによっては高性能なDNSを提供しており、レスポンスの速度が高速なものも存在すると思います。ですので、今回ご紹介したようなGoogleやCloudflareに変えれば絶対に速くなるというわけではありませんが、通信速度を改善する一つの方法として、DNSを切り替えてみるのもありかもしれません。

関連記事


キャンペーン詳細はページはこちら
プレゼントキャンペーン

当サイトから光回線をお申し込みのお客様に適用されるプレゼントキャンペーンの商品は、iPadやREGZA、AQUOSなどの人気商品を始め、Nintendo Switch・PS4・PS VITA・PSP・PlayStation VRなどのゲーム機、タブレットやノートPCなどパソコン、液晶テレビ、一人暮らしに最適な炊飯器・冷蔵庫・洗濯機など、お客様のお申込み方に合わせてたくさん用意しております。

キャンペーン詳細はこちら

ページ上部に戻る