おしえて!インターネット

キャッシュバックやキャンペーンでお得申込!おしえて!インターネットが徹底解説!

山形県

【山形県:尾花沢・鶴岡・etc】キャンペーンでお得申込!

~ネットからB級グルメ どんどん焼きを応援しよう!~

どんどん焼きの歴史          

山形県ではおなじみのどんどん焼きですが、そのルーツは昭和初期の東京と言われています。当時のどんどん焼きとは、お好み焼きのような生地にお好み焼きより少なめの具材を混ぜ焼きあげたものの総称でした。

どんどん焼きが山形県に入ってきたのは昭和13年頃。東京で修業を積んだ大場亀吉さんが地元山形に戻った際、東京のどんどん焼きに改良を加え、薄く伸ばして焼いた生地を1本の棒に巻きつけた形に変化させました。リヤカーなどでの移動販売に適した今の形が定着したのです。

決め手は魚肉ソーセージ

もんじゃ焼き、お好み焼き、など他にも小麦粉ベースのB級グルメはたくさんありますが、どんどん焼きの特徴と言えば、薄切りの魚肉ソーセージが使われていること。これは昭和40年頃の魚肉ソーセージブーム時に定着したようですが、1本の棒に巻きつける、薄い「どんどん焼き」には、色々な具材を入れることができないので、薄切りの魚肉ソーセージがちょうど良く、メインとして欠かせない食材となりました。

自宅やお祭りでどんどん焼きを楽しめます!

割りばしにクルクルと生地を巻きつけるどんどん焼きは、小さいお子さんがいらっしゃるご家庭であれば、おやつにも喜ばれると思います。とっても安い材料でできるのも魅力です。ネットで検索するとチーズを入れたり、醤油味にしたりと、さまざまな作り方を知ることができます。

また、B級グルメブームから、地元山形以外でのイベントやお祭りでもどんどん焼きを楽しめる機会が増えています。もしかしたら、近所で本場のどんどん焼きを味わうことができるかもしれません。「どんどん焼き」を食べてみたくなったら、ぜひフレッツ光に加入し高速インターネットで検索してみましょう。