おしえて!インターネット

キャッシュバックやキャンペーンでお得申込!おしえて!インターネットが徹底解説!

【必見!】ルーターとNTTのモデムの違いが丸わかり

time 2016/02/29

【必見!】ルーターとNTTのモデムの違いが丸わかり

固定回線を引く際によく耳にするものといえば、ルーターとNTT等でレンタルできるモデムですが、みなさんはこの両方の違いをご存知でしょうか? 「当たり前じゃん!」と思う方ももちろんいらっしゃることでしょう。ただその中でも勘違いをして認識している方も少なからずいると思います。

ルーターという括りの中にモデムがあると思っていませんか? もしくはルーターとモデムは一緒に接続するし同じだろと思っていませんか?

これらは両方間違いです!!

以下ではルーターとモデムの違いについてわかりやすく解説しておりますので、知らない方はこそっと読んで、さも知っていたかのように振る舞いましょう(笑) それではルーターとNTT等でレンタルできるモデムについてご説明していきます。

PickUP!!

最もおトクな光回線はどこだ!?

「モデムとは?」

まずはこれですね。モデムがないとネットは繋がりませんし、ルーターも繋げません。 モデムの役割は信号を変換することです。

どういうことかというと、言語の通訳をしているようなものです。 データの信号は2種類あり、アナログ信号とデジタル信号に分類されます。 アナログ信号はアナログ回線から送られてくる信号で、デジタル信号はパソコンなどの機器から送られてくる信号です。 両方のデータを行き来させるためには、各々の信号に変換して送る必要があります。 そこで登場するのがモデムというわけです。

アナログ信号とデジタル信号の間にモデムが入ることによって異なる信号でも、情報の行き来が可能になるのです。 日本人とロシア人が日本語とロシア語で会話するためには間に通訳さんを挟む必要がありますよね?それと同じで、モデムは通訳さんだと思ってください。

ちなみに今の話はアナログ回線(ADSL等)の話で、光回線(光ファイバー)の場合はまた違ってきます。 光回線はモデムを使わないのです。 代わりにモデムと似たような役割を果たしてくれる、ONU(回線終端装置)という機械を使用します。 やっていることはモデムと同じで、さっきのアナログとデジタルの信号が光信号と電気信号の通訳を行います。 基本的にNTTや通信会社からモデムを借りることが出来ますのでそこは安心してください。

モデムにしろ、ONUにしろ通訳がいないとネットに繋げないということですね。

「ルーターとは?」

ここまでで、モデムってすげーやって思うかもしれませんが、モデムだけだと、1つの機器しか接続することが出来ません。 そんなモデムの弱点を補ってくれるやつが、まさしくルーターなのです。

ルーターは複数の端子がさせるように穴が何個かあいています。そこのLANケーブルをさして繋ぎたい機器に繋げばあら不思議! 2台でも3台でもルーターさえあれば繋ぐことが出来ます!

モデムとルーターの組み合わせは最強ですね(笑)

ところが調子に乗って繋ぎすぎて、配線が絡まってよく分からなくなってしまい汚くなってしまう場合もあります。 そんな配線の絡まりを解消してくれるのが、無線LANルーターです。 その名の通り、無い線なので線が無いルーターです。

特殊な電波を飛ばして機器と接続するので、お部屋はすっきりしてごちゃごちゃした配線もなくていいことづくめですね!

さらに現在は技術が進歩したため、ルーターとモデムが1つになったもの(ホームゲートウェイ)があるのです! これには無線LANカードというものを指す場所があり、それを指すだけで無線LANが使用できるようになるのです。 もちろんNTT等でレンタルすることができます。 ご自宅の環境にあったモデム、ONU等をレンタルできるので安心ですね。

はい、ここまででルーターとモデムの違いはご理解いただけたかと思います。 それでは最後にもう一歩踏み込んだところの説明に移りましょう。

「ルーターはNTTでレンタルするべきではない!?」

NTTでフレッツ光を契約するとモデムをレンタルすることは先程ご説明したので、大丈夫だと思います。 ホームゲートウェイの場合は無線LANカードをレンタルしてしまえば、すぐに使うことができます。

さて、ここで問題が生じてくるわけです。 無線LANカードをNTTでレンタルして使うのと、家電量販店で購入するのはどちらが安いでしょうか? 実は多くの方が勘違いしていらっしゃいますが、家電量販店で購入するほうが安いのです!

NTTでレンタルすると毎月最低でも300円かかってきます。また、固定回線は基本的に2年契約なので月に換算すると24ヶ月です。なので、24ヶ月×300円=7200円となり、毎月の負担は小さく見えますが、総額にすると結構な料金がかかってくることになります。

しかし、家電量販店だとだいたい4000円前後で買えてしまうのです!一回買ってしまえば2年契約だろうとなんだろうと壊れるまで使い放題です(笑) 面倒くさいと思って今までレンタルしていた方は、思わぬ落とし穴にはまっていたかもしれませんね・・・。

おすすめのルーターは?

ここで気になるのが、おすすめのルーターですよね!ルーターはメーカーも様々ですし種類も様々あります。さらに規格も年々進化しており、通信規格も2.4GHz対応やら5GHz対応やら何がなんだかわからん!という方のために以下ではおすすめのルーターを3種類ご紹介していきたいいと思います。

家が広い人はWXR-2533DHPがおすすめ

ルーターは最大速度もそうですが、家の広さで選ぶのが基本です。 その中でも「WXR-2533DHP」は高額ですが、広い範囲をカバーするパワーを持っているので、3階建て以上に住んでいたり4LDK以上の部屋にお住まいの場合でもおすすめできます。

デザイン重視の方にはRT-AC85Uがおすすめ

機能性とデザイン性を重視するならASUSのRT-AC85Uがおすすめです。 目立つ位置にディスプレイしても他の家具の雰囲気を壊さないデザイン性はもちろん、USBが後ろ側についているので、配線によってごちゃごちゃした見た目にならないところが高評価です。 他のルーターに比べて割高ですが、細部までインテリアにこだわる方にはおすすめです。

コスパを求めるならWHR-1166DHP4

とにかく安くて良いやつ!といえばWHR-1166DHP4です。速度は他の人気ルーターに比べて控えめですが、これくらいあれば充分にストレスなく使うことができると思います。 3LDK・2階建くらいの広さであればこのルーターでカバーできますし、価格も5,000円程度であるため、コスパは高いです。

「最後に」

ソフトバンクが提供するソフトバンクエアーなら、回線工事なしでコンセントにつなぐだけでで何台もの機器に無線で接続できてしまいます!特定の窓口から申し込めば、オプションなしで最大20,000円ものキャッシュバックを受け取ることができるので、細かい設定や工事が面倒だという方はソフトバンクエアーで検討してみるのも良いかもしれません!

ソフトバンクエアーの申し込みはこちらのサイトから!

ポケットWiFiって実際どうなの?光回線と料金や速度を比較してみた! | おしえて!インターネット