0120-925-386
株式会社ユーエヌ<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階
ロゴ
NTT西日本・東日本お申込みサイト

フレッツ光の電話からのお申込み・お問合せはこちらどうぞ

0120-925-386

[通話無料] 受付時間:9:00~19:00(年中無休)

指定の時間に折返し 折返し予約

Webからは24時間受付中

カンタンお申込み

株式会社ユーエヌ
<NTT東日本・西日本代理店 代理店コード:1001060509>
東京都港区西新橋3-13-7 MG,愛宕ビルディング9階

  • 電話アイコン
  • お問合せ
> > >
キャンペーン詳細はページはこちら

【知らないと恥ずかしい!?】ルーターとNTTのモデムの違いって?

固定回線を引く際によく耳にするルーターとNTT等でレンタルできるモデムですが、みなさんはこの両方の違いをご存知でしょうか? 当たり前じゃん!と思う方ももちろんいらっしゃることでしょう。

ただその中でも勘違いをして認識している方も少なからずいると思います。 ルーターという括りの中にモデムがあると思っていませんか?

もしくはルーターとモデムは一緒に接続するし同じだろと思っていませんか? これらは両方間違いです!!

知っている方は回れ右!知らない方はこそっと読んで、さも知っていたかのように振る舞いましょう(笑) それではルーターとNTT等でレンタルできるモデムについてご説明していきます。

「モデムとは?」

まずはこれですね。モデムがないとネットは繋がりませんし、ルーターも繋げません。 モデムの役割は信号を変換することです。

これは何かというと、言語の通訳をしているようなものです。 データの信号は2種類ほどあり、アナログ信号とデジタル信号に分類されます。 アナログ信号はアナログ回線から送られてくる信号で、デジタル信号はパソコンなどの機器から送られてくる信号です。 両方のデータを行き来させるためには、各々の信号に変換して送る必要があります。 そこで登場するのがモデムというわけです。

アナログ信号とデジタル信号の間にモデムが入ることによって異なる信号でも、情報の行き来が可能になるのです。 日本人とアメリカ人が日本語と英語で会話するためには間に通訳を挟む必要がありますよね? それと同じだと考えてください。

ちなみに今の話はアナログ回線(ADSL等)の話で、光回線(光ファイバー)の場合はまた違ってきます。 光回線はモデムを使いません。 代わりにモデムと似たような役割を果たしてくれる、ONU(回線終端装置)を使用します。 やっていることはモデムと同じで、さっきのアナログとデジタルの信号が光信号と電気信号の通訳を行います。 基本的にNTTや通信会社からモデムを借りることが出来ますのでそこは安心してください。

モデムにしろ、ONUにしろ通訳がいないとネットに繋げないということですね。

「ルーターとは?」

ここまでで、モデムってすげーやって思うかもしれませんががっかりしないでくださいね? モデムだけだと、1つの機器しか接続することが出来ません。 そんなすげーモデムの弱点を補ってくれるやつが、まさしくルーターなのです。

ルーターは複数の端子がさせるように穴が何個かあいています。 そこのLANケーブルをさして繋ぎたい機器に繋げばあら不思議! 2台でも3台でもルーターさえあれば繋ぐことが出来ます! モデムとルーターの組み合わせは最強ですね(笑)

調子に乗って繋ぎすぎて、配線が絡まってよく分からなくなってしまい汚くなってしまう場合もあります。 それを解消してくれるのが、無線LANルーターです。 その名の通り、無い線なので線が無いルーターですね(笑)

特殊な電波を飛ばして機器と接続するので、お部屋はすっきりしてごちゃごちゃした配線もなくていいことづくめですね! 現在は技術が進歩したのか、ルーターとモデムが1つになったもの(ホームゲートウェイ)があるのです! これには無線LANカードというものを指す場所があり、それを指すだけで無線LANが使用できるようになるのです。 もちろんNTT等でレンタルすることができます。 ご自宅の環境にあったモデム、ONU等をレンタルできるので安心ですね。

はい、ここまででルーターとモデムの違いはご理解いただけたかと思います。 それでは一歩踏み込んだところの説明に移りましょう。

「ルーターはNTTでレンタルするべきではない!?」

NTTでフレッツ光を契約するとモデムをレンタルすることは先程ご説明したので、大丈夫だと思います。 ホームゲートウェイの場合は無線LANカードをレンタルしてしまえば、すぐに使うことができます。

さて、ここで問題が生じてくるわけです。 無線LANカードをNTTでレンタルして使うのと、家電量販店で購入するのはどちらが安いでしょうか? 答えは簡単です、家電量販店で購入するです!

NTTでレンタルすると毎月300円かかってきます。 固定回線は基本的に2年契約なので24ヶ月です。 なので、24×300=7200円です。

しかし、家電量販店だとだいたい4000円前後で買えてしまうのです! 一回買ってしまえば2年契約だろうとなんだろうと壊れるまで使い放題です(笑) 面倒くさいと思って今までレンタルしていた方は、思わぬ落とし穴にはまっていたかもしれませんね・・・ ちなみにルーターは対応できる通信速度が機器によってことなりますので、そこは家電量販店のナイスな店員さんに教えていただきましょう♪

「最後に」

ルーターとNTTのモデムの違いと+αのお話をしましたが。ここまで読んでいただければこれでもう知ったかぶりも卒業です(笑) 冒頭でもお話したとおり、明日からはさも知っていたかのように知識をひけらかしてみてくださいね(笑) ネット用語に関してはまだまだわからないことがたくさんあると思います。

ルーターとモデムだけが全てではないので、興味を持った方はどんどん通信業界にのめり込んでみましょう! そしてご自宅に固定回線を引きましょう(笑) 画面の向こうのあなたとお話できることを楽しみに待っています。

最後までお付き合いいただきありがとうございましたm(_ _)m それでは、またお会いしましょう!

キャンペーン詳細はページはこちら

キャンペーン詳細はページはこちら

いま人気のコラム

  • 【パソコン不要】スマホがあれば設定できる無線LANルーターが凄い!
  • 【フレッツ光 vs JCOM】いろいろ比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs eo光(イオ光)2016年度版】料金や工事費、評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs BBIQ(ビビック)】料金・評判など色々比較してみた!
  • 【フレッツ光 vs コミュファ光】いろいろ比較してみた!
  • フレッツ光の通信速度を実測値で徹底測定!~複数ツールで計測診断してみた~
  • 【ギガ速い】フレッツ光1Gbps「ギガ・スマート」の速度を測ってみた!
  • シェアありがとうございます

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    著者プロフィール

    著者画像

    執筆者:竹見浩太郎

    Twitterをフォローする
    Twitterをフォローする

    通信業界歴10年のインターネット回線の大ベテラン!
    ADSL中心の時代からフレッツ光中心の現在まで、たくさんのユーザー様に複雑な回線サービスのご案内をし、さまざまなご要望に合わせた提案をし行ってきた経験を持つ。「フレッツ光ナビ」ではその経験を活かして、新し情報をわかりやすく伝え、また普段疑問に思うことをわかりやすく身近に感じられるように解説している。

    キャンペーン詳細はこちら

    ページ上部に戻る